お知らせ / メディア掲載情報 / 協会関連書籍

代表理事・高原美由紀が雑誌『IECOCORO』に掲載いただきました

投稿日:2022.10.29.

雑誌『IECOCORO』の「達人に聞く」特集で取材していただきました。

ご縁は空間デザイン心理士®プロの奈良章子さんから


実は、栃木県で活躍している、空間デザイン心理士®プロの資格者である奈良章子さんが、先にこの雑誌の取材を受けらました。
奈良さんは、住宅だけでなく、ショッピングセンターの授乳室や大型の生花店のインテリアデザイン提案など幅広いお仕事をされています。
そんなお仕事についての取材の中で、空間デザイン心理学®についてお話しくださり、この度ご縁をいただきました。

お互い感謝しあうお付き合い を大切にする 吉田登志幸 さんとの出逢い

奈良さんのお話を聞いて、ぜひ取材したいとおっしゃってくださったのが、今回の記事の執筆をされた有限会社オストコーポレーションの吉田登志幸さんです。
吉田さんは、北関東一円に木製サッシや自然素材に特化した建材を販売しながら、工務店さんに対してコンサルティングを行われています。
以前、建材の商社勤めの時、売る側の目線で商売がなされていて、「自分のやっている仕事はお客様から『感謝されていない』ということを痛切に感じ」られたといいます。そして、商社を辞められ、「家を商品のように大量に作っては売りするような」やり方ではなく、「買い手と売り手がお互い感謝しあうお付き合いを末永くさせていただく」ことを、ご自身の商売で貫かれています。そして、お互いが感謝の関係になる仕事の仕方やあり方を工務店さんに対してお伝えされ、建築業界を変えようとされていらっしゃる方なのです。

そんな熱き想いのある吉田さんにご興味を持っていただき、とてもうれしく取材を受けました。zoomでしたが、満面の笑みのお顔を一目拝見して、すぐにファンになってしまう、そんな方でした。


空間デザイン心理学®とはどんなものなのか?なぜ、それを作ったのかということについて聞かれました。そして、「片づけられないから壁面収納がほしい」というお客様のご要望通りに壁面収納を作ったら、今度は「片づけられない自分を責めてしまっていた」という27年前の私の苦い経験のお話を軸に、空間デザイン心理学®を使うことで、どんなことができるようになるかということをお話しさせていただきました。

多くの工務店の方や設計者に知ってもらった方が良いねと共感をいただいて、北関東の工務店様たちに空間デザイン心理学®をお伝えするセミナーをすることになしました。
こうして、人のご縁が繋がり、感謝の輪が広がっていくというのは、とても素敵なことです。

奈良さん、吉田さん、ご縁をつないでくださり、どうもありがとうございました。

画像引用:IECOCORO編集部,求人ジャーナル,表紙,6,2022



こちらの記事も参考にしてみてください。

一般社団法人
空間デザイン心理学協会
〒277-0871
千葉県柏市若柴173-8-151 E3033
代表理事 高原美由紀
Copyright © 2020-2022 一般社団法人 空間デザイン心理学協会. All Rights Reserved.