はじめてのかたへ

こんにちは。空間デザイン心理学協会、代表理事の高原美由紀です。

あなたは「心豊かに、しあわせに暮らす」には、何が必要だと思いますか?

  • 家事が効率的にできて使いやすい間取り?
  • 収納スペースが多いこと?
  • センスが良くおしゃれなお部屋?
  • 自然素材でできている家?

本当にそれでしあわせに暮らせるのでしょうか?

これまで一級建築士として25年以上、計10,000件以上の間取りを指導し、住宅や店舗、ホテルのリフォームやモデルルームをデザインしてきました。
そもそも、この疑問を考えるようになったきっかけは約25年前、
駆け出しのインテリアデザイナーとして、お客様のお住まいを訪れたときのことです……

「ごめんなさい!高原さん!!」
「ごめんなさい。ごめんなさい。片づけられなくて……ごめんなさい。」

ダンボールや本、書類、バッグなどが積み上げられ、ほとんど床の見えないリビングで、
お客様は、背を丸くしながら、なんどもなんども頭を下げました。

「収納がないから片付かないんです。
だから、リフォームして大きな収納を作ってほしいんです!」

わたしたちは、積み上げられたダンボールや本、書類、バッグのすき間をぬいながら、何時間もかけて所持品の量や寸法を確認しました。

そして、半年後。完璧な収納計画で、壁いっぱいの大型収納が完成しました。
お引き渡しの際、お客様は手をぱたぱたと上下に動かしながら、目をキラキラさせて

「わあ、嬉しいーー!! これで、やっと片付きます!!」

そう、おっしゃいました。

それから1年後。
きれいに片付いたお部屋でしあわせに暮らしているんだろうなあ~~と、胸躍らせておうかがいしたときのことです。

「ごめんなさい。片づけられなくて……。」

そこには、1年半前に相談を受けたときと同じような、散らかったお部屋がありました。
わたしの体は凍りつき、まるで時間が止まったかのようでした。

一体、わたしたちはお客様に何をしたのだろう。
お客様のしあわせを願ってデザインしたはずだったのに……。

収納がなかったときは、「収納がないから散らかっている」とおっしゃられていました。
でも、実際に収納ができたら、今度は「収納があっても片づけられない自分」を責めていらしたのです。

……

……

……

片付かない → だから、収納を作る

というのは、お客様にとって何の解決にもなっていませんでした。
単なる表面的な解決法に過ぎなかったのです。

大きな罪悪感と混乱でいっぱいになりました。
あのとき、どんな提案をすべきだったのか。
お客様が本当に求めていたことは何だったのか。
どうしていたら、お客様がしあわせに暮らすことを応援できたのか……。

もう、2度と表面的な解決はしない!
そう決めました。

そして、その決意を現実のものとするためには、「3つの問い」に答えを見出す必要があると考えました。

  1. 人は何を求めているの? それを引き出すには?(本当のニーズ)
  2. そもそも、しあわせとは? しあわせの条件、空間の条件とは?(しあわせの条件)
  3. どうしたら人のしあわせに貢献できる?(貢献)

心理学や建築に関する本を読みあさっても答えは見つからず。
さまざまな探求をしました。たとえば……、

  • 早稲田大学・大学院(人間科学)で、人間の心理や行動の原理について学び、空間としあわせの関係について研究。
  • 今、この瞬間に意識を向けるマインドフルネス瞑想や、その考え方を習得。
  • しあわせにつながる考えや行動をサポートするコーチング、気づきや行動の変容を促すファシリテーションを習得。(ライフコーチ、BSTA「トレーナー&ファシリテーター」認定)

などなど。

そうして……25年が経ちました。
やっと、「3つの問い」に自信を持って答えることができるようになりました。

  1. 人は何を求めているの?それを引き出すには?(本当のニーズ)
    早稲田大学の小島隆矢教授の下で、お客様のニーズを的確に引き出す新たな質問法(ニーズヒアリング法)を開発しました。それによって、お客様の本当のニーズに的を合わせることができるようになりました。
  2. そもそも、しあわせとは?しあわせの条件、空間の条件とは?(しあわせの条件)
    人がしあわせを感じるために必要なことや、空間が人間に与える影響を、心理学や脳科学、行動学などの視点からまとめ、「空間デザイン心理学」として体系化しました。
    「空間」という言葉は、建物や家といったモノ自体としての側面と、心地よいと感じる居場所や、家族のコミュニケーションに関わる心理的な側面をあわせ持ちます。そのため、「空間デザイン心理学」は、モノとして空間をつくる知識だけでなく、人の心理や行動にプラスの影響を与える知識も含んでいます。空間だけでなく、人の心理や行動も同時にデザインしていくという、他にはない新たな分野です。
  3. どうしたら人のしあわせに貢献できる?(貢献)
    25年間の探求の結果、空間デザイン心理学の知識と重要性を広く伝えることが、人々のしあわせに貢献できると信じています。そのための拠点として、一般社団法人空間デザイン心理学協会の設立に至りました。

冒頭の質問、「人が心豊かでしあわせに暮らすために必要なこと」の答えを、空間デザイン心理学協会に詰めこみました。

あなたのしあわせを応援していきます。
そして、そのために必要な本当のニーズの引き出し方と、あなたのしあわせの条件を見出しましょう。

ともに進みましょう!
まず、「自分がしあわせである」ことを手に入れてください。

そして、あなたの家族や関わる方々、地域、日本、世界のしあわせの貢献に
あなたの力を貸してください。

わたしたちも進んでいきます。

しあわせはいつもここから。
代表理事 高 原 美 由 紀

一般社団法人
空間デザイン心理学協会
〒141-0032
東京都品川区大崎1-18-2
電話番号: 03-3779-6080
代表理事 高原 美由紀
Copyright © 2020 一般社団法人 空間デザイン心理学協会. All Rights Reserved.