1.空間デザイン心理学とは?

こんにちは! 「空間デザイン心理士プロ」の高原美由紀です。
あなたは「空間をデザインする」とは、どういうことだと思いますか?

  • リフォームして空間を広くすること?
  • センスの良いインテリアで統一すること?
  • お部屋をすっきり片付けること?

いいえ。空間デザインは、家やインテリアの「モノ」をデザインすることではないのです。

空間デザイン心理学で何ができる?

そもそも、あなたのお部屋や、お店の空間は何を目的としたものでしょうか?

  • ゆっくりリラックスしたい
  • 集中して仕事や勉強がしたい
  • お客さまに商品を買ってもらいたい

空間デザインは、人間の心や体の反応と考え方の癖を考慮して、
「こうなりたい!こんな風に過ごしたい!」という
理想の気持ち、行動、人間関係を自然にうながす仕掛けをデザインすることなのです。

  • 性格が雑だから物が片づけられない
  • なんだか落ち着かない、いらいらする
  • 夫婦や子どもとの会話が少ない
  • 家にいても疲れがとれない

空間デザイン心理学は、こんな悩みにもアプローチできるのです。
ん? リフォームやレイアウトを変えるだけで?
はい、そうなのです。
ユニクロやスターバックスのインテリア、ディズニーランドのデザインにも心理学が使われています。

どうしたら「たくさん買い物してもらえるか?」
「お店を気に入ってもらえるか?」
「現実を離れて楽しんでもらえるか?」という視点でデザインしてあります。

ほかにも、

  • スーパーで、ゆっくりした音楽を流すと売り上げがアップし、
    テンポの速い音楽を流すと売り上げがダウンするのです。
  • ファーストフード店のインテリアに赤や黄の色が使われるのは、
    そこで過ごす人のエネルギーを消耗させて時間を長く感じさせる効果があるからなんです。
    (=回転率があがる)
  • ホテルのフロントや応接室で、お客さまに、ふかふかのソファに座ってもらうと、堅い椅子に座ってもらうより、勧めた人が「優しい人」だと感じます。

これらは全て科学的に研究された結果です。
空間は、人の心や行動を変化させるような影響を与えられるのです。

お店や居心地の良い旅館・ホテルなどが、心理学でデザインされているということは、これを住まいで使ったら・・・
自分の家が居心地良くなる!と思いませんか。

  • 空間デザインに心理学を使うと、
  • 家族が仲良しでいられる
  • 子どもがのびのび育つ
  • 夫婦の会話がはずむ
  • 家の中でリラックスできる
  • 勉強や仕事がはかどる
  • 散らかりにくくなる
  • ストレスが減る       etc・・・

などを、自然にうながすことができるのです。
たとえば、ソファを向きを変える、配置を変えるといったことだけでも
家族のコミュニケーションの質が変わります。

空間があなたの幸せに影響している?

空間は、人の心や行動に影響するだけではありません。
健康や、人生の満足度、幸せにまで影響を与えています。
では、具体的にどんな空間が幸せにつながるのでしょうか?

一般社団法人
空間デザイン心理学協会
〒141-0032
東京都品川区大崎1-18-2
電話番号: 03-3779-6080
代表理事 高原 美由紀
Copyright © 2020 一般社団法人 空間デザイン心理学協会. All Rights Reserved.