空間デザイン心理士の仕事と活かし方

今、インテリアコーディネーターやデザイナー、建築士の方など、
すでに住まいの提案のお仕事をされていらっしゃる方、こんなお悩みありませんか。

✔ アフターコロナの時代、このままではまずいと思っている
✔ カーテンなど商品販売に頼っていくのは、今後厳しいと思う
✔ テレワークでできる仕事を見つけたい
✔ 打合せやプランに時間がかかる
✔ 提案しても決まらない、競合と比べられてしまう
✔ お客様の本当の悩み、課題を解決できているのかわからない、お客様満足度を上げたい
✔ 説得力のある提案がむずかしい
✔ お客様に豊かな生活を提案しているのに自分が豊かな生活になっていない
✔ 自分の好きな時間に仕事して、楽しく自由に暮らしたい

これまでの働き方

インテリアデザイナーや建築士の方は、下のようなお仕事かと思います。

  • 顧客の要望をヒアリング、現場の状況を把握する。
  • 空間をデザインして、図面を描いて提案する。
  • 仕様・素材を選びサンプルを提示する 現場で工事を監理する。

そして、報酬は、自分が動いた金額か、物がカタチになったことにともなう金額で設計デザイン料・監理料をいただいていますね。
インテリアコーディネーターなら、売れた商品の数%をコーディネート料としてもらっているという方もいらっしゃるでしょう。

体力が必要ですし、時間もかかります。
それに、リアルな物を扱っているため、現場やショールームに実際に足を運ぶことやお客様とサンプルを見ながら打合せするということが避けられません。
身を粉にしてがんばっても契約にならないとか、家族が病気になった時に打合せに行けなくなり仕事できないとか、どうしてもテレワークにはできないといったことが起きます。

これからの時代は、働き方も住む場所も住まいの間取りも、住まいに対するニーズも変わっていくでしょう。

空間デザイン心理士の働き方

もし、空間デザイン心理士の資格があれば、上記の業務の前にこんな働き方をします。



ケース1 : お客様の理想の未来・住まいをナビゲートする。・・・オンライン

  1. これまでお客様と長い時間をかけて信頼を築いてやっと聞き出せるような、深い部分までの内容や、ヒアリング3~4回分の内容を、90分間でシンプルな質問を使ってシステマチックに引き出す
  2. 引き出した内容を1枚のネットワーク図にしてお客様に提出。シートを設計者や工務店の方へ渡してもらう。 ここで仕事終了。業務時間90分、オンラインでできます。

ここで仕事終了。業務時間90分、オンラインでできます。

ケース2 : 現在の住まいの改善点を見つけてアドバイスする・・・オンライン

  1. 現状の間取り図と部屋の写真があれば、あらかじめメールで送ってもらっておく。
  2. オンライン上で、日々の行動や動線をヒアリングして、その場で、現在のお悩みの原因と改善策をアドバイスする。

*空間デザイン心理学の基本的なことを学ぶと、なぜその問題が起きているのか、どうすれば改善できるか、間取りと写真(動画)で推測できます。
そのため、口頭でのアドバイスまでにかかる時間は40分程度です。
慣れてくると、簡単なスケッチやレイアウト図、間取り変更図まで描くところまでやって90分でできます。
もし、その場で描くのはスキル的に難しいという方は、一旦オンラインを終えてからご提出しても良いですね。


ここまでの業務がコンサルティング、アドバイス業務です。



多くのデザイナー・設計士、インテリアコーディネーターの方は、これだけでは価値を提供しきれないと思っている方が多いです。
でも、十分な価値が提供できるのでコンサルティングだけでもお仕事は成立します。

さらにプランニング提案や商品提案をご希望の方には、その後従来の業務を行います。
その場合も、お客さまが 自分でも気づいていないニーズを引き出してくれて、自分のことをわかってくれている 心理学、行動学の専門家で空間のこともわかっているから、アドバイスに根拠があり納得できる ちゃんと見てもらった と感じてくださっています。


空間デザイン心理士だからできること

もし、同じように従来通りの業務を行う場合も

  • 安心感、信頼感があるから、アドバイスを受け入れてもらいやすい 打合せがスムーズに進む
  • 心理学、行動学に基づいてプランを行うので、プランにかかる時間が短い
  • 結果、お客様に喜んでもらえる

というメリットがあります。



空間デザイン心理士は、使いにくい、もっときれいにしたい、素敵にしたいというお悩み以外に、

  • 家族との会話が少ない
  •  日々ストレスが大きい
  •  良く眠れなくて疲れがたまる
  • • なかなか片付かない、散らかってしまう

といった、心が関係するお悩みの解決ができるようになります。
その結果、下記のようなという空間づくりの提案ができるようになります。

  • 自然に家族との会話が増える
  •  ストレスフリーに過ごせる
  • 気が散らず集中できる
  •  リラックスして熟睡できる
  •  散らかりにくい

という空間づくりの提案ができるようになります。


空間デザイン心理士は、心、行動から人生と空間をデザインする

つまり、空間デザイナーやインテリアコーディネーターの仕事が「間取りやインテリアといった物理的なデザインをすること」であるならば、 空間デザイン心理士の仕事は「空間を通して心理や行動をデザインし、 そこに住む人が自然と幸せになる空間を設計すること」なんです。
「住む人の人生と空間をデザインする」ことです。


あなたが理想とする住まいを想像してください。 それは、空間デザイン心理士がデザインする住まいではありませんか?
科学とデザインの力を最大限に活かして幸せになる空間にしましょう。


住まいづくりに妥協したくない方は、ぜひ、空間デザイン心理士にご相談してください。

一般社団法人
空間デザイン心理学協会
〒141-0032
東京都品川区大崎1-18-2
電話番号: 03-3779-6080
代表理事 高原 美由紀
Copyright © 2020 一般社団法人 空間デザイン心理学協会. All Rights Reserved.