お知らせ

合宿開催レポート

投稿日:2022.6.6.

空間デザイン心理学協会の受講生0期~5期まで、総勢22名が箱根に集結!
空間心理学®探検隊として、箱根リトリートfoleの素敵なホテルの中を、グループに分かれて歩き回り、居心地が良い/悪いと感じるのは、空間の何が引き起こしているのかを解析しました。

みなさん、とても楽しそうに眼をキラキラさせて、空間解析していました。
その時の様子をレポートしますね。

日本全国から22名が素敵なホテルに集合

開催前から、みなさんわくわくの様子です。

「リアルで会えることの有り難さだけで、胸がいっぱい!」
「同志の皆さんと集まれるということそのものに最高の価値を感じワクワク!」
「同じ空間を体験して空間解析をこの機会に体得したい!」
            (合宿FBグループ投稿より抜粋)

飛行機・電車・車でドキドキわくわく、期待で胸いっぱいの22名が、北は青森、
南は大分・福岡から、講師の高原の待つホテル、「箱根リトリート・フォーレ」のスイートルームに大集合。

先生&仲間とリアルに会えた喜びをかみしめながら、合宿で得たいこと、大切にしたい感情、その感情を満たした3年後の自分への溢れる思いを自己紹介とともにシェアしあいました。

いよいよ空間探検隊として出発!

チーム発表後、高原先生から空間解析を行う上での大切なポイントが伝えられ、各チームの担当場所の探検へ出発。

与えられた時間は40分。自分の感覚を信じて、心の虫眼鏡を使って、動物のようにくんくんと空間を嗅ぎまわります。
チームで解析することで、動物共通の感覚だけでなく、それぞれが生まれ育った環境や原風景の違いからくる個人特有の感覚の違い=個性があることにも気づきます。共通と個性による違い、どちらも大切!

その後、全員で解析した各空間を体感しながら、チーム発表&先生による講評。先生からの伝えたい内容が盛りだくさんで、2か所は時間切れで翌日に持ち越し、ディナー時間ぎりぎりまでみっちりと空間解析を楽しみました。

夜遅くまで話は尽きず

ディナー時の先生と一緒のテーブルに座るのは早い者勝ち!
この機会にぜひお話したいというメンバーが早速周りを取り囲みました。

未来名刺を持って参加してくださったお仲間も沢山!未来の自分とそのために今していること、学んだことを実務にどう活かしているか、クライアントから感謝されたことetc.テーブルを超えて色んな話題に花が咲きました。


続きは、フォーレのホテルのスイートルームに移動。
大部屋でみんなでわいわい・・。なんだか学生時代の合宿を思い出します。

期を超えて、先輩や後輩、仲間とつながり、先生に直接相談したり、ツーショット写真を撮ったり、先生にみんなで質問・回答していただいたり、先生の最近の取り組みを聞いたりと、話題は尽きることなく夜中まで続きます・・・。

2日目はヨガからスタート

2日目の朝は3期の研究生を先生に、有志によるヨガからスタート!
昨日解析した、ホテルのテラスに11名が参加しました。同じく昨日解析した温泉で朝風呂を楽しまれた方も沢山。

朝食後は再びフォーレスイートの部屋に集合し、昨日の空間解析の続きから。
各空間の解析はもちろんのこと、空間を解析する上で大切なことを学びました。

たとえば、
・動物としての自分の感覚を大切にすること
・人のその行動は環境のせいなのか?それとも嗜好のせいなのか?を見分けること
・日々、人の行動と空間の関係の観察を蓄積して行くことで、自分の引き出しが広がること
・解析したことをお客様に説明できるように、論文やテキストをもとに、自分なりの言葉を持つこと

等々、溢れてでてくる先生の言葉に、全集中で耳を傾けながら、ペンを走らせました。

参加してどうだった?

●学びはもちろん、息をつく間もない程あっという間の隙間なく楽しい時間にありがとう!
●緑あふれる環境の中で、自然の中でのパーソナルスペースの変化を自分の体で感じられたのが何より!
●素敵な出逢いのおかげで、インスピレーションが活発に&自分の方向性がより明確に!
●先生とハグできて感動!   
●自分の感覚と答え合わせができたし、たくさんの学びがあって、合宿に参加して、本当に良かったと思います。        
     (合宿FBグループ・各期感謝の投稿より抜粋)



こちらの記事も参考にしてみてください。

一般社団法人
空間デザイン心理学協会
〒141-0032
東京都品川区大崎1-18-2
電話番号: 03-3779-6080
代表理事 高原 美由紀
Copyright © 2020-2022 一般社団法人 空間デザイン心理学協会. All Rights Reserved.